スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2018.04.02 Monday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

松屋銀座店 米処 結米屋のお歳暮ギフトスタート

本日より、松屋銀座店8階ギフトセンターが開設されます。毎年たくさんのお米をご注文頂き、ギフトでご提案するお米を探すことが楽しくて楽しくて仕方ない今日この頃。今年も8種類の厳選米、厳選雑穀をご用意してお待ち申し上げております。送られた方から「美味しかったので買いたいのだけど…」とお問い合わせのご連絡を頂く度にお米をご贈答に選んで頂いた感謝と共に、美味しく召し上がって頂けた嬉しさがこみ上げます。
今年は特に幅広く様々な産地のお米をご用意しました。また、店頭でも1kgサイズを5種類選んでお送りされるなどオリジナルギフトを作られて送る方もいらっしゃいます。お歳暮時期にぜひ喜ばれる贈り物・お米をチョイス頂けたら嬉しいです。


松屋銀座店8階ギフトセンターのお米陳列


教習所の女性社長新たなる取り組み〜リラックス&アロマ、エコキャップ〜

以前、ブログでご紹介致しました「松戸中央自動車学校 女性社長・廣木幸子さん」。女性目線での優しい会社経営にはいつもハッとさせられ、学ぶことの多い尊敬する先輩社長さんです。そんな廣木社長の新たなる取り組みのテーマは、「エコ」と「癒し」。教習所の空き時間、待ち時間を使った生徒と地球に優しい取り組みです。

教習所では生徒さん達が空き時間に自動販売機で飲み物を買い、教習仲間とおしゃべりして過ごす光景をよく目にします。そこで、教官の先生たちが率先して始めたのがペットボトルのキャップ集め。授業に行く前の生徒さんたちの目につくところに手作り容器を置き、「捨てずにキャップを入れて下さい」とご案内。すると、みるみる内に集まっていくではありませんか!ペットボトルキャップは、実は大きな大きなリサイクルエコ商品。400個集めると10円になり、800個=20円でポリオワクチンが購入でき、子供1人の命が救われるそうです。捨ててしまえばゴミになりますが、分ければ資源になります。ちょっとした身近なエコを教官の先生たちが積極的に行うことによって、生徒たちにもエコの輪が広がっています。

もう一つのキーワードは、「癒し」。自動車運転には、リラックスした気持が大切で、落ち着いた気持ちで運転に臨まないと事故を招く恐れもあります。そこで、廣木社長は、アロマの資格を取得し、生徒さんたちの空き時間に香りのプレゼントをしてリラックスした気持で授業に臨んで頂こうと現在準備をしているそうです。また、様々な方に教習所に遊びに来て頂き、教習所の役割や取り組みを知って頂きたいと、つい先日はアロマ講習会を開きました。

免許証を取得するという目的だけでなく、安全を学んでいただく、自動車事故遺児のための活動を知っていただく、身近で優しい教習所を目指して、様々な取り組みを引き続き行っている廣木社長。やっぱり素直にまねびたい(まねる+学ぶ)と思いました。地元に優しいスゴ腕女性社長・廣木幸子社長のいる「松戸中央自動車学校」。これからも目を離さず、その取り組みに学んでいきたいと思います。

       
               アロマ講習会in松戸中央自動車学校

新年のご挨拶

新年、明けましておめでとうございます。昨年中はたくさんの皆さまにお世話になり、お陰様で無事に31日までの業務を終えることができました。本当にありがとうございました。年末年始の慌しさの中でブログの更新を怠り、ご挨拶が遅くなってしまいましたこと、本当に申し訳ありませんでした。本年度も少しずつですが一歩一歩進んでいきたいと思っておりますので、どうぞ宜しくお願い致します。

年末は伊勢丹松戸店「米処 結米屋」に行き、粉まみれになりながらも無事に全てのお餅を売り切り、また、お米もお客様に直接販売させて頂くことができ、普段、販売のお手伝いをする機会が少ない私にとっては、とても勉強になるよい時間となりました。忙しく慌ただしい年末でしたが、ホッと一安心して年越しを迎えることができました。また、年始は3日に「お年玉袋」を販売。無事に完売することができました。本当にありがとうございました。一年で一番忙しい年末年始の2週間、スタッフが協力して声を出し一丸となって販売し、無事に完売できたこと、みんなの頑張りに本当に感謝しています。自身がお店に立つと、販売の大切さや大変さを理解することができ、改めてよい勉強となりました。

販売と言えば、今年はお客様への言葉、一言一言をより一層、大切にしていたいと感じる出来事がありました。昨年末、クリスマスイブの日に仕事に出ようと車のエンジンをかけたところ、ナビの声で「メリークリスマス!今日は12月24日水曜日です。」。思わず一人大笑いしてしまいました。そんなことも言ってくれるんだ!と。たわいのない一言でしたが、何だかとても心に残りました。言葉の大切さを改めて感じたと共に、今年はもっと発する言葉一つ一つをより大切にしていきたいと思いました。明けて元旦。もちろんのこと、「明けましておめでとうございます!今日は1月1日木曜日です。」。

今年は、もう少しきちんとブログを更新していければと思っていますので、引き続き本年もどうぞよろしくお願い致します。


店員さんの心意気

2ヶ月〜3ヶ月に一度になりますが、業務用のビンを浅草橋まで買いに出掛けることがあります。頻繁ではないのですが、今月も数ヶ月振りに買い出しに行きました。すると、店員さんが「いつもありがとうございます。お包みしますよね。」と声を掛けてくれました。1年に数回だけの来店なのに、覚えていてくれて声を掛けてくれるその店員さんの心意気に深く感動し、自身でもお客様への接客に活かしたいと思いました。昔、ららぽーとで「和デリ」を出店していた頃、お客様一人一人の顔を覚えて接客していた気持ちをフッと思い出し、今のように慌しさだけではいけないな…と反省しました。一人一人顔が見える接客を心掛けていかなくてはならないと、訪れたお店で気がつかされました。とても良いお買い物となりました。


チャンスの到来

もう何年も一緒に働いてきてくれたスタッフがこの度、雑穀を使ったカフェの店長になるべく、退社することとなりました。料理が好きで、雑穀を使ったヘルシーなお料理を出したいと雑穀エキスパートの資格を取得し、とても前向きに取り組んでいました。
彼女が店長に就任する雑穀カフェは、「ざ・こっく」というお店で千葉県松戸市「松飛台駅」そばに3月8日土曜日オープンする予定のお店です。私のおばがオーナーです。おばは、彼女の接客や販売力に魅力を感じ、私に「雑穀カフェの店長として迎えたいのだけど話してもらえないだろうか」と相談をしてきました。一瞬、「今任せているお仕事はどうしよう」という思いがよぎりましたが、「将来的にはカフェをやりたいんです」と以前から言っていた彼女の言葉を思い出し、本人に話しました。「今現在のお仕事を投げ出したくないけど、チャレンジもしてみたいし…。」とずいぶん悩んでいましたが、最終的には「頑張ってチャレンジしてみます!」と店長としての道を選びました。
短期的に見れば、抜けた穴を埋めることは大変ですが、でもやっぱりチャンスがめぐってくるということは彼女自身にその能力があったり、掴む努力をしてきたということだから、思いっきり背中を押して応援してあげたいなと今は思います。彼女だからこそ声が掛かったチャンスだと思いますし、チャンスの到来ってそういうものではないかなと思います。
そういえば、先日観た映画「マゴリアムおじさんの不思議なおもちゃ屋」の中でマゴリアムおじさんがこんなことを言っていました。「Life is occasion.Did it!(人生とは機会。だから活かしなさい!)」何だか妙に納得してしまいました。様々な機会をどう活かすか、マゴリアムおじさんの言葉が今回の彼女の決断を後押ししてくれているような気がしました。
ぜひ皆様もお近くにお越しの際は、「雑穀カフェ ざ・こっく」へお立ち寄り下さい。雑穀エキスパート・坂本一二美店長がお迎え致します。
頑張ってね、心から応援しています!

profile

profilephoto

calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
selected entries
categories
archives