スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2018.04.02 Monday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

ブログのお引越し

今まで書かせて頂いたこちらのブログから、下記サイトにお引越しとなりました。
少しずつですが、更新していきますので、ぜひお立ち寄りください!
引き続き、どうぞよろしくお願い致します!
 http://ameblo.jp/rie-shibuya/

澁谷梨絵

凛とした女性〜日経烈女 青木智栄子さん〜

本日の日経新聞33面「烈女」で紹介されていた青木智栄子さんという女性経営者さん。記事を読む前にそのお写真の凛とした雰囲気に魅了されました。
投資家の方々からあなたにホテル運営を任せたいと依頼を受け、現在ブラジルにてホテル運営会社「ブルーツリー」を経営されているとのこと。「会社を大きくするよりも、よくしたい」と言い、「責任と目標で生きています。」と話しますが、経営の依頼は絶えないそうです。
お仕事をするからには、あなたから買いたい、あなただから任せたいと言って頂けるようにならなければ…と日頃から思っておりましたので、青木さんの言葉にはハッと考えさせられました。
お写真からはそれまでの生き方が美しく現れていらっしゃる方であることがうかがえました。年を重ねていく中でそんな女性になりたいと感じた記事でした。


合言葉は「きっと、うまくいく〜Aal Izz Well(アール・イーズ・ウェル)〜」!インド映画に学ぶ!

先日、タイトルとインド映画に魅かれて、「きっと、うまくいく(原題「3 Idiots」)」を観てきました。3時間という長丁場の映画だったにも関わらず、笑いあり、涙あり、とっても考えさせられグッと引き込まれるストーリーはあっという間で、見終わった後は爽快感と観て良かった〜という思いでいっぱい!オススメです!

物語の中心はインドの優秀な工科大学が舞台の学園もの映画ですが、その中にインドの社会的な問題が風刺的に込められていたり、本当に幸せな道を選択することの痛みだったり自信だったり、学生時代からの友情までも散りばめられていて、さらには恋愛要素やインド映画らしく突如踊りだすミュージカル要素まで盛り込まれていて、とっても心が温かくなる優しい良質な映画でした。既に世界各国でリメイクが決まっているほどだそうで、一見の価値あり!です。

主人公はいつでも「きっと、うまくいく「Aal Izz Well(アール・イーズ・ウェル)」と唱えながらピンチを乗り切るのですが、何だかその言葉って魔法の言葉のように優しく響いて、「きっと、うまくいく」精神で取り組んだら、毎日色んなことはあるにしても乗り切れちゃうんじゃないかって思わせてくれる力(言霊?!)がありました。「きっと、うまくいく「Aal Izz Well(アール・イーズ・ウェル)」精神、大切にしたいと思います!

映画のラストに出てくる美しい湖が気になって実在するのか調べたら、パンゴン湖と言われるアジア最大の汽水湖で、中華人民共和国チベット自治区ルトク県とインドジャンムー・カシミール州ラダック県との中印国境に位置するのだそうです。その美しい蒼さに引き込まれそうになるほど素晴らしいラストシーン、ぜひ一度その場所にも行ってみたい
本当に素晴らしい映画でしたので機会があればぜひ!


とってもオススメ!インド映画「きっと、うまくいく」


退官する先生へ〜ゼミ生237名の想い〜

2012年11月11日日曜日、大学卒業振りに兵庫県にある母校へ。ゼミでお世話になった大好きな福田豊生先生が来年3月に退官されることとなり、先生の講義と退官パーティーが行われました。もう卒業して〇年になるのか…と考えると、年を取ったものだなぁと痛感しますが、現役生15期生の卒業と共に退官される福田先生の講義を大学で聞くと、同期と共にあの頃に戻ったようななつかしさを感じました。どんなことを勉強していたのか思い出し、さらにはよく飲んで遊んだなぁと本当に懐かしく感じました。講義後、新三田ホテルに移動し、ゼミ生237名の内、日本全国、アメリカからも駆け付けた100名弱が福田先生の退官をお祝いしました。パネルディスカッションやクイズで盛り上がり、さらにIT系ゼミらしくゼミ生が作った先生との想い出の映像はそれぞれ涙がこみ上げてくるような感動的な一時となりました。
先生がずっと「やりたいことをやりなさい」といつでもどこでも仰って下さって背中を押して下さったこと、誰もが胸に刻み、笑顔で解散となりました。「釈迦に説法だけどな」…と言いながら3日前のサンケイ新聞のお米の記事を手渡して下さり、気にかけて下さっているその優しさと想いに感動して泣けました。いつまで経っても先生と生徒の関係は変わらないのですね。1月8日に先生最後の講義が行われます。必ず会いに行きたいなと思います。福田先生、本当にお疲れ様でした!



お客さま想いの新たなる取り組み〜松戸中央自動車学校・ミニミニライブとケーキバイキング〜

免許を取得してもう何年も経ちますが、卒業した教習所・松戸中央自動車学校が新たなる取り組みを次々に行っていると聞き、気になって詳しくお聞きしたところ、現在、交通遺児の基金として、もっと教習所を身近に感じて頂くために、チャリティーライブ月に一度行っているとのこと。教習所でライブ!と思いましたが、Tashaさんの歌声を聞いたら、引き込まれ、優しい優雅な気持ちで運転に臨むことができそう…と私自身も感じてしまったので、それが基金にも繋がり、訪れる教習生にもリラックスを与えてくれるので本当に画期的で素敵な取り組みだなと感じました。(http://www.matsuchu.com/miniminilive/)
実はその他にも月に一度、無料のケーキバイキングを行い、もっと身近に教習所を感じてもらおうと、ケーキ&お菓子、食べ放題。紅茶、お茶も飲み放題で、待ち時間を楽しく過ごしてもらえる取り組みを行っているそうです。お友達まで連れ立ってOKだそうで、一般の方にも教習所をさらに身近に感じられる良いサービスだなぁと、ちょっと行ってみたいなと思ってしまいました。
昨今、高齢者の方の事故や飲酒運転での事故が多発し、より一層の交通モラル順守が必要と感じられます。高齢者教習にも力を入れており、事故発生率も非常に少ないとお聞きしました。ミニライブや無料のケーキバイキングなど、こうしたお客様思いの一つ一つの取り組みが生徒さんの意識に繋がっているのかなと感じました。卒業した高校や大学などの取り組みを目にして嬉しくなることがよくありますが、卒業した教習所の取り組みに目を向けてみるのもおもしろいな。そう考えるとこれまでの人生、色々と通ってきた場所があるので思い起こして折に触れご紹介してみます。

profile

profilephoto

calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
selected entries
categories
archives